エイブラハムの想像のワークショップ

エイブラハムは「強い感情を伴わない思考はそれほど強い引き寄せの力は持っていません」と言っています。
わたしたちは日常でさまざまな思考をしています。
ただ、その多くは感情がそれほど伴っていないことが多いので、結局同じような現実を引き寄せ続けているのです。

そこでエイブラハムはしっかりと自分の願望を引き寄せるために、1日15分、思考に感情を乗せる時間を意図的に作りましょうと提案しています。これをエイブラハムは「想像のワークショップ」と名付けています。
想像のワークショップを実践することで、物事や人間関係に変化が起こります。また、それに伴い新しい願望が出てくるでしょう。

想像のワークショップを始める前に

このワークを始める前に必ずしておかなければならないことがあります。それは「幸せ気分になること」です。
良い気分になるのであれば何でも構いません。
お気に入りの曲を聴いたり、ペットを撫でる、おいしいものを食べるなど、自分が気分が良くなることをします。幸せな気分といっても、飛んだり跳ねたりするような幸せ感というよりも、前向きに「全てうまくいっている」という気持ちになることです。

それと場所はなるべく気が散らない場所、途中で邪魔が入らない場所が良いです。

想像のワークショップを始めよう!

ワークショップのはじめにすること、それはこれまで生きてきた中でのポジティブな思い出を集めることです。

例えば行って楽しかった場所、達成して嬉しかったこと、気の合う友達、プレゼントされて嬉しかったこと、腹を抱えて笑ったこと、思わず感謝してしまうこと、熱中できたことなど、過去の自分の体験を掘り起こして、「嬉しかったこと、楽しかったこと、感動したこと」を引き出してきます。

次にその思い出を参考に、これから自分が豊かな感情になるようなことを新たに見つけていきます。

例えば「ラスベガスは最高だったなぁ、また行ってみたい」と思えば、ラスベガスで自分が楽しかった場面を思い出します。紙に書いても良いでしょう。また、まだ行ってない場所に行きたいというときには、ネットから探して画像や体験談などをみます。

同じように、食べてみたいもの、会いたい人、やってみたいこと、住みたい場所など、どんどん出していきます。
そして、それを組み合わせ、15分間、それをイメージして感情を感じていくのです。

エイブラハムが想像のワークショップの例を紹介しているのですが、ちょっと話がまとまってない感じがしましたのでわたしがアレンジして紹介します。

これはワークショップに宣誓文として読んでおくと効果があります。

「わたしはこの居心地の良い場所がとても気に入っています。ここで毎日ワークをすることが楽しみです。
なぜなら、このワークをすることで引き寄せがものすごく強く働き、願ったことが何倍も早く実現することを確信しているからです。

今のわたしは完全な存在です。欠けているもの、足りないものは何もありません。
自信とエネルギーに満ち溢れ、流れのままに人生を楽しんでいます。

大事なことは、「わたしがわたしでいることに満足している」ことです。

わたしはお金に制限されません。わたしはあらゆることを「お金があるかないか」で判断するのではなく「やりたいか、やりたくないか」で決めています。金庫に大事にしまっておく必要もありません。銀行口座に上限はなく、わたしが望めばいくらでも引き出せることを知っているからです。

誰かが何かを手に入れても、自分が失うことがないことも知っています。
なぜなら豊かさは無限にあるからです。1人1人が十分に豊かさがいきわたっても十分に余りあることをわたしは知っています。

わたしは日に日に、自分に調和した人を引き寄せています。
他の人がわたしをどう思おうが気にしません。
同じように、他の人が何を望み、何を選んで、何をしていても気にしません。
他の人が望んだもので、自分が望まないことは自分に取り込まなければいいだけだと知っているからです。だから、お互いに自分が好きでないものを批判したり、指摘したりする必要もありません。お互いに素晴らしいものに目をむけ、感謝し、笑いながら過ごしています。こう考えるととても良い気分になります。

わたしは完全に健康な自分を選びます。
疲れを知らず、エネルギッシュに日々を過ごしています。
豊かだけど病気な人を見ても、豊かさに目をむけて、病気のことは取り入れません。
そうすれば豊かさだけ受け取って、なおかつ健康でいれるからです。
わたしは望む体験ができる身体があることに日々感謝しています。

楽しく、いい気分です。とてもいい感じです。このワークショップを終えても、引き続き自分が引き寄せたいものを探していきます。明日のワークが更に楽しくなります。

これで今日のワークを終わります」

この宣誓文を読んでから、自分が叶えたい願望を組み合わせ、今叶っているかのような感情を乗せていくのです。実際やってみると15分という時間は短いようで、感情を感じ続けるには長い時間です。最初は意識して感情を出していく必要があるかもしれません。

慣れてくると、だんだん15分では物足りなくなります。

想像のワークショップが終わったら

ワークショップが終わったら、そこから次に日のワークショップまでは夢の材料探しです。
「あれいいな」と思ったら覚えておきましょう。
物でも人の性格でも、なんでも心地よく豊かに感じたものを採集していくのです。

これを続けることで、1日中良い気分で過ごすことになり、引き寄せもずっと早くなるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。